和菓子の日


大福
本日6月16日は「和菓子の日」
西暦848年の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。
「嘉祥」とは「めでたいしるし」。「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。出典:全国和菓子協会

ということで、やはり和菓子といえば大福です私( ^ω^ )ニコニコ
スポンサーサイト

ドンドゥルマ

ドンドゥルマ
のび~てのび~て「ドンドゥルマ」です。
練って練って普通のアイスのようですが、やはり微妙に違う感じがする「ドンドゥルマ」です(笑)
「ドンドゥルマ」はトルコの氷菓で、トルコ語で「凍らせたもの」の意味のようです。
サーレップという植物の球根の粉が入っているようです。
納豆のねばねばで、このトルコ風アイスができる・・・とか(;''∀'')
勇気のある方、是非挑戦してみてください( ^ω^ )ニコニコ

ハード系しあわせパン

ハード系パン

噛めば噛むほど味わい深いハード系のパンです!
一般的に材料が、小麦粉、イーストや天然酵母、塩、水などを混ぜ合わせたシンプルなパンです。
バゲットやカンパーニュ、バタールなんかが、ハード系ですよね(*^^)v
外はカリカリ、中はもちっとした焼き上がりがハードブレッドの魅力
そんなハード系パンと濃厚クリームチーズは相性ぴったり♪
おまけにハード系パンと甘納豆は、ほんのり甘いしあわせたっぷりパン(*^。^*)

なんでも美味しい@落花生

半生落花生甘納豆

落花生と言えば「ピーナッツ」。別名「南京豆」(*^。^*)
ピーナッツと言えば「柿ピー」でしょう(笑)まぁピーナッツいらない論争もありますが(笑)
アメリカでは、米が原料の柿の種とコレステロールを減らすピーナッツの絶妙コンビで
健康志向も後押しして、大ブレイクとか・・カメダクリスプ♪
亀田製菓曰く「柿の種だけだと「炭水化物」だけが多いのですが、ピーナッツを入れることで、「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」の3つのバランスがとれたお菓子になる」・・
なのだそうです!・・・ということで、本日は珍しい落花生の甘納豆です(*^▽^*)
上品な甘さと、落花生の香ばしい香りが意外な美味しさ!!
柿ピー、バタピー、みそピー、ピーナッツバター、いろいろな顔を見せる落花生は、超人気者です(*^^)v

芋けんぴ@芋屋金次郎

芋けんぴ

やめられない止まらない〇〇〇〇〇〇・・・って
芋けんぴ(笑)芋けんぴは、土佐(高知)の伝統菓子です。
油で揚げて、砂糖を絡めただけのシンプルな芋菓子なのに、めっちゃ美味しいです(^.^)
コガネセンガンを使った「芋けんぴ」さつま金時「芋チップ」
昭和27年創業 日本橋 芋屋金次郎、揚げたて芋けんぴが食べられますよ~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。